校長あいさつ

  本校の前身は明治5年に開校され、歴史と伝統のある学校です。周囲の環境は、緑豊かで、田園風景や花畑が続いています。
 本年度は123名の児童の響き合う声とともに第1学期がスタートしました。教職員一同、子どもたちの可能性を開花させるため、精一杯教育活動を進めていく所存でございます。
 本年度の教育目標は、弥富市学校教育基本方針を受け、「知・徳・体の調和のとれた人間形成を図るとともに、『なりたい自分になる』ために、自分の将来を自分で切り拓くことのできる資質と能力を育成する」とし、特に、「読書活動の充実」「明るい挨拶と正しい言葉遣い」「粘り強く取り組む態度の育成」に力を入れていきたいと考えています。また、昨年度、「愛知県学校安全優良校表彰」を受け、今年度もその成果を生かしながら防災学習に取り組んでいきたいと思います。
 1年後、子どもたちがそれぞれの成長を実感できるよう、教育活動に取り組んで参ります。
 保護者の皆様のご理解や地域のご支援に感謝しております。本年度もよろしくお願いいたします。

平成31年4月

平成31年度 教育目標

1 教育目標

(1) 本校の教育目標

  知・徳・体の調和のとれた人間形成を図るとともに、「なりたい自分になる」ために、 自分の将来を自分で切り拓くことのできる資質と能力を育成する。 

 

 ◎ 進んで学ぶ子
  ・ よく見、よく聞き、よく考える子    

  ・ 自分の考えを伝えたり、発展させたりする子
  ・ 課題をもち、自ら学ぼうとする子
 ◎ 心豊かな子
  ・ 礼儀正しく、いつも明るくあいさつする子 

    ・ 思いやりがあり、命を大切にする子
    ・ 規則や規範を大切にする子
 ◎ たくましい子
      ・ 進んで運動に親しむ子
    ・ 最後まで粘り強くやり遂げる子
    ・ 心身ともに健康で、安全に行動する子

 

(2) 経営方針

  ア 児童が主体的に活動できる学校
        ・ 児童が課題をもち、主体的に解決しようとする学習の場を充実させる。
        ・ 異学年活動において互いに学びあえる場を設定し、上級生の背中を見て下

           級生が育つ環境をつくる。
        ・ 児童の発想や一人一人の持ち味を生かすことのできる活動の場を設ける。
  イ よりよい指導を目指す学校
        ・ 教職員の姿は児童にとって模範であることを意識し、自己研鑽、率先垂範

           に努める。
        ・ 児童のもつ多様な能力を見極め、実態を把握し、啐啄同時を心がける。
        ・ 教育内容の精選、充実に努めるとともに、教科等横断的な視点に立った資

      質・能力が育成できるよう工夫する。
        ・ 小規模校の特性を生かし、十西小でしかできない教育実践を工夫する。
        ・ 心をつなぐ温かい言葉や所作の育成を図るとともに、良好な人間関係づく

           りを推進する。
  ウ 安全な環境を目指す学校
        ・ 校舎内外の環境整備を進め,教育環境の美化と安全に努める。
        ・ 児童の琴線に触れ、児童の活動が見える掲示を心がける。
        ・ 学校安全はもとより、登下校や地域での安全確保にも努める。
  エ 家庭や地域社会との連携を目指す学校
        ・ 地域の諸行事への積極的な参加を促し、地域社会の一員としての自覚と誇

          りを もたせる。
        ・  学校ホームページや学校だより、保護者会等を通して積極的に情報を発信

      し、家庭や地域社会との相互理解を図る。
        ・  家庭や地域社会の声をもとに教育活動の改善に努めるとともに、地域の教

          育力を教育活動に生かす。
  オ 全職員が参画する学校  
        ・ 全教職員が学校経営に参画し、組織的・計画的な教育活動を行う。
        ・ 全教職員が危機管理能力を高め、児童の命と安全を守る。
        ・ 全教職員が保護者・地域・関係諸機関と連携し、開かれた学校づくりに努

           める。
(3) 本年度の重点努力目標

  ア 「進んで学ぶ子」を目指して
   ・ わかる喜び、学ぶ楽しさを実感できる授業づくりを行う。
   ・ 個に応じたきめ細かな指導を工夫しながら学習意欲と学力の向上を図る。
   ・ 家庭と連携し、学習習慣の確立と読書活動の充実を図る。     
  イ 「心豊かな子」を目指して
   ・ 明るくあいさつのできる子を育てる。
   ・ 場に応じた言葉遣いのできる子を育てる。
         ・ 異学年交流や縦割り班活動等を通して協調性や思いやりの心を育てる。
  ウ 「たくましい子」を目指して
         ・ 課題を自分事として捉えさせ、最後まで粘り強く取り組ませる。
   ・ 「自分の命を自分で守る」ことができる判断力、実行力を身に付けさせ

           る。
  エ 教職員の多忙化解消に向けて
         ・ 校務支援システムやICT機器を活用し、業務の効率化に努める。
         ・ 会議や行事の精選・見直しを図り、スリム化に努める。
   

平成31年度 児童数

 

  1年 2年 3年 4年 5年 6年 なかよし 合 計
男 子 10 12 13 11 10 64
女 子 13 12 10 59
合 計 19 10 25 25 18 20 123

                       (平成31年4月当初)

校歌

1 多度の山なみ  かすみ立ち
  そよ風わたる  宝川
  緑の道を    朝夕に
  みんな仲よく  手をつなぎ
  かよう学びや  この月日
  十四山西部小学校

2 小鳥さえずり  空青く
  ゆたかに稲穂  ゆれる村
  恵みの光    身に受けて
  清く正しく   すこやかに
  はげむ学びや  この月日
  十四山西部小学校

3 鈴鹿の峰に   雪白く
  伊吹おろしは  叫ぶとも
  希望に     心はずませて
  強く明るく   たくましく
  伸びる学びや  この月日
  十四山西部小学校

沿革

本校は弥富市の東部、近鉄佐古木駅南2.4kmに位置している。昭和47年10月に旧十四山村坂中地(現十四山保育所)から現在地に学校が移転された。平成18年4月に旧弥富町と十四山村の合併により、弥富市立十四山西部小学校と校名が変更。周りを広大な田園に囲まれた、緑豊かな学区である。

昭和58・59年に愛知県教育委員会の図工の研究指定を受け、画集を発行。

平成13・14年には、愛知県教育委員会の「安全教育に関する研究」の委託を受け、安全を意識し、安全に行動できる児童の育成に取り組む。

平成14年~18年から5年間図書館教育に取り組む。平成17・18年に文部科学省「国語力向上モデル事業」の委託を受け、言語活動能力の向上に取り組む。

平成22年度愛知県教育委員会「おやじの力、親子のふれあい推進事業」の委託を受け、父親の力を活かした学校の環境整備に取り組む。

平成20年度から自分の健康や生活を見つめ、「あたりまえのことがあたりまえにできる子の育成」をめざし、教育実践に取り組む。

平成24年度尾張小中学校PTA研究発表大会で、「地域・家庭・学校が絆を結ぶPTA活動」をテーマに、研究実践の口頭発表を行う。

平成28・29年度、青少年赤十字防災教育モデル事業の委嘱を受け、災害に対し自らの命を守ることができる児童の育成をめざし、教育実践に取り組む。

平成30年度、愛知県学校安全優良校表彰に向け、教育実践に取り組み表彰を受ける。

所在地等

住所:〒490-1401

愛知県弥富市六條町大山94番地

電話番号 :0567-52-0078
FAX番号:0567-52-1378

創立  明治40年2月