平成29年度 教育目標

1 教育目標

(1) 本校の教育目標

知・徳・体の調和のとれた児童の育成を図る。

めざす児童像

知育

「進んで学ぶ子」

・よく見、よく聞き、よく考える子

・自分の考えをはっきりと表現する子

・課題をもち、自ら学習しようとする子

徳育

「心豊かな子」

・命を大切にし、いつも明るくあいさつする子

・思いやりがあり、相手の立場を考える子

・規則や規範を大切にする子

体育
「たくましい子」

・力いっぱい活動する子

・最後まで粘り強くやり遂げる子

・心身ともにたくましい子

 

(2) 経営方針

ア 職員の心構え

学校経営はみんなの手で

・ 全員が経営の主体者であるとの認識をもって。

・ 柔軟な発想で、よりよいものをみんなで創ろうとする協同意識で。

・ 常に子どもに寄り添い、受けとめ、認め、子どもをまるごとつかむ。

主役は子ども

・ すべての教育活動の中心に子どもを据えて取り組む。

・ 子どもの発想をうまく生かす。

・ 子どもを平均値でとらえずに、一人一人の個性に着目する。

伸びる教師

・ 時代を切り拓く生きる力の育成を目指す教師

・ 新しい教育の方向を確かめ、小さな実践を積み重ねる教師

・ 失敗を勉強としてとらえ、失敗を多様に生かす教師

・ 専門職として、自らの授業力と人間性を高める教師

師弟共励

・ 子どもの目線に下りて、子どもと話す教師

・ 子どもと共に活動することを喜び、人間性を高める教師

イ 教育内容の充実

・ 学習指導要領をよく理解し、スムーズに教育活動が進められるよう、教育内容の精選、充実に努めるとともに、基礎基本の指導の徹底を図る。

・ 小規模校の特性を生かし、十西小でしかできない教育実践を工夫する。

・ 道徳を重視し、温かい心をつなぐ言葉や所作の育成を図るとともに、キャリア教育の視点を生かす取り組みをスタートさせる。

・ 一つ一つの行事や活動を子どもが成長する機会ととらえ、常に計画的な指導に努める。

ウ 環境づくり

・ 校舎内外の環境整備を進め、教育環境の美化と安全に努める。

・ 子どもの琴線にふれ、子どもの顔が見える掲示に心がける。

・ 子どもの個性や学級の特色を生かした学びの場づくりをする。

エ 家庭や地域社会との連携

・ 地域社会や家庭との連携を密にし、学校安全はもとより登下校等、地域での安全確保に努める。

・ 子どもに地域の諸行事への積極的な参加をうながし、地域の一員としての自覚と誇りをもたせる。

・ 積極的に情報を発信して、保護者や地域との密接な連携を図り、地域と共に教育を進める。

・ 家庭とのきめ細かい連携等を通して、子育て支援を積極的に進める。

(3) 本年度の重点努力目標

・ 基本的生活習慣の定着・・・主体的な学習態度の育成、あいさつの励行、交通マナーの徹底

・ 学力の充実・・・基礎学力の定着、道徳教育の推進、言語力の向上、読書活動の充実

・ 外国語活動の充実・・・積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成

・ 個に応じた指導の一層の充実・・・習熟の程度に応じた指導や指導方法の工夫