平成31年度 教育目標

1 教育目標

(1) 本校の教育目標

  知・徳・体の調和のとれた人間形成を図るとともに、「なりたい自分になる」ために、 自分の将来を自分で切り拓くことのできる資質と能力を育成する。 

 

 ◎ 進んで学ぶ子
  ・ よく見、よく聞き、よく考える子    

  ・ 自分の考えを伝えたり、発展させたりする子
  ・ 課題をもち、自ら学ぼうとする子
 ◎ 心豊かな子
  ・ 礼儀正しく、いつも明るくあいさつする子 

    ・ 思いやりがあり、命を大切にする子
    ・ 規則や規範を大切にする子
 ◎ たくましい子
      ・ 進んで運動に親しむ子
    ・ 最後まで粘り強くやり遂げる子
    ・ 心身ともに健康で、安全に行動する子

 

(2) 経営方針

  ア 児童が主体的に活動できる学校
        ・ 児童が課題をもち、主体的に解決しようとする学習の場を充実させる。
        ・ 異学年活動において互いに学びあえる場を設定し、上級生の背中を見て下

           級生が育つ環境をつくる。
        ・ 児童の発想や一人一人の持ち味を生かすことのできる活動の場を設ける。
  イ よりよい指導を目指す学校
        ・ 教職員の姿は児童にとって模範であることを意識し、自己研鑽、率先垂範

           に努める。
        ・ 児童のもつ多様な能力を見極め、実態を把握し、啐啄同時を心がける。
        ・ 教育内容の精選、充実に努めるとともに、教科等横断的な視点に立った資

      質・能力が育成できるよう工夫する。
        ・ 小規模校の特性を生かし、十西小でしかできない教育実践を工夫する。
        ・ 心をつなぐ温かい言葉や所作の育成を図るとともに、良好な人間関係づく

           りを推進する。
  ウ 安全な環境を目指す学校
        ・ 校舎内外の環境整備を進め,教育環境の美化と安全に努める。
        ・ 児童の琴線に触れ、児童の活動が見える掲示を心がける。
        ・ 学校安全はもとより、登下校や地域での安全確保にも努める。
  エ 家庭や地域社会との連携を目指す学校
        ・ 地域の諸行事への積極的な参加を促し、地域社会の一員としての自覚と誇

          りを もたせる。
        ・  学校ホームページや学校だより、保護者会等を通して積極的に情報を発信

      し、家庭や地域社会との相互理解を図る。
        ・  家庭や地域社会の声をもとに教育活動の改善に努めるとともに、地域の教

          育力を教育活動に生かす。
  オ 全職員が参画する学校  
        ・ 全教職員が学校経営に参画し、組織的・計画的な教育活動を行う。
        ・ 全教職員が危機管理能力を高め、児童の命と安全を守る。
        ・ 全教職員が保護者・地域・関係諸機関と連携し、開かれた学校づくりに努

           める。
(3) 本年度の重点努力目標

  ア 「進んで学ぶ子」を目指して
   ・ わかる喜び、学ぶ楽しさを実感できる授業づくりを行う。
   ・ 個に応じたきめ細かな指導を工夫しながら学習意欲と学力の向上を図る。
   ・ 家庭と連携し、学習習慣の確立と読書活動の充実を図る。     
  イ 「心豊かな子」を目指して
   ・ 明るくあいさつのできる子を育てる。
   ・ 場に応じた言葉遣いのできる子を育てる。
         ・ 異学年交流や縦割り班活動等を通して協調性や思いやりの心を育てる。
  ウ 「たくましい子」を目指して
         ・ 課題を自分事として捉えさせ、最後まで粘り強く取り組ませる。
   ・ 「自分の命を自分で守る」ことができる判断力、実行力を身に付けさせ

           る。
  エ 教職員の多忙化解消に向けて
         ・ 校務支援システムやICT機器を活用し、業務の効率化に努める。
         ・ 会議や行事の精選・見直しを図り、スリム化に努める。